最新盤

ジャケット写真

商品詳細はこちら

ベートーヴェン/交響曲第1番
       「レオノーレ」序曲第3番

モーツァルト/交響曲第39番 (*)

ジョゼフ・ローゼンストック指揮 マンハイム国立交響楽団
ウィルヘルム・ロイブナー指揮 ベルリン国立歌劇場管弦楽団 (*) 

録音:1950年代後期、1950年代中期 (*) (モノラル録音)

LBCDR-1028

ポーランド生まれの指揮者ジョゼフ・ローゼンストックは、主にドイツやアメリカ、そして日本で活動したが、NHK交響楽団の基礎を創り上げ、一糸乱れぬアンサンブルを誇るオーケストラに育て上げた功績は大きい。またボーナス・トラックとして、同じくこのオーケストラの指揮者を務めたウィルヘルム・ロイブナーの録音も収録。日本楽壇へ多くの貢献を果たした2人の名指揮者の貴重音源。

アインザッツレコードについて

アインザッツレコードは3つのレーベル「EINSATZ」「LEBHAFT」「APPLAUDIR」を擁します。

「EINSATZ」と「LEBHAFT」は埋もれた貴重音源を発掘し、CD化を推し進める復刻盤レーベルで、LPの時代に我々クラシック・ファンの耳を潤してくれたにもかかわらず、CDの時代に入ってから現在まで全く陽の目を見る機会を失った人類の至宝とも言うべき名演奏を発掘し、最良の音質でCD化して紹介して行きます。メジャー・レーベルに属しながらも全く着目されずCD化の対象から外されている音源や当時マイナー・レーベルから発売され、名演ながらもその存在を忘れ去られた貴重盤など、未CD化のものが主に対象となりますが、過去CD化されるも1度きりで消え去った名演や、また現役盤でも酷い音質で改善すべきと判断したものも再登場させていく予定です。
(なお「LEBHAFT」につきましては、フォーマットがCD-Rとなっています)
「APPLAUDIR」は最新のセッション録音で新進アーティストの素晴らしい演奏を紹介するレーベルです。新たな感性で作品に取り組む新進気鋭の演奏家たちの斬新な解釈で、何度も耳にした作品のまた違った魅力を発見するでしょう。そして世界初録音も含め「知られざる名曲」も積極的に取り上げて行きます。また臨場感あふれる録音も魅力となっています。

クラシック・ファンの“渇きを癒す”レーベルとして、貴重音源の発掘と新しい才能の紹介を主軸とし良質な音楽をお届けすべく自信を持って制作していく所存です。

商品ラインナップ

アインザッツ

レーブハフト

アプロディール

お知らせ

長谷川美沙
モーツァルト「ピアノ・ソナタ全曲演奏会」
開催のお知らせ

misa hasegawa

弊社より4枚のアルバムをリリース、ヨーロッパ各地の音楽祭から毎年招聘を受けてソリスト、室内楽奏者として活躍の長谷川美沙氏のモーツァルト「ピアノ・ソナタ全曲演奏会」をアインザッツレコード企画・主催により開催いたします。
2022年6月開始、計5回にわたる演奏会です。会場は全公演Bar bourrée(大阪市北区天神橋1-17-13 大一天満ビル2F)となります。
各公演の詳細については弊社Fecebookにて随時お知らせいたします。

長谷川 美沙:プロフィール
3歳よりピアノを始め、4歳でイェルク・デームスの弟子となる。数々の国内コンクールで入賞し、コンサート出演やオーケストラとの協演を果たす。15歳より毎年米国にてコンサートを開催し、全米各地で注目を集め、ユタ州立大学音楽部ピアノ演奏学科より特待入学許可を得る。2013年にはデームスの薦めでルッツ・レスコヴィッツと初共演し、翌年にミラベル宮殿コンサートに招聘された。以降、ヨーロッパ各地の音楽祭から毎年招聘を受ける。2021年のコロナ禍での渡欧においては、イタリア、ナポリ大聖堂にて大司教臨席のコンサートに出演し、その模様がクリスマスシーズンにバチカン放送局にて放映され話題を呼んだ。#現在、ザルツブルグ名門コンサートシリーズの日本代表を務め、東日本大震災復興支援活動や、被災地域活性化事業などにも力を注ぎ、定期的にコンサートを行っている。

Facebookもチェック