最新盤

ジャケット写真

商品詳細はこちら

ドビュッシー&ラヴェル/4手のためのピアノ作品集

<ドビュッシー>
1. 牧神の午後への前奏曲
2. 小組曲
3. スコットランド風行進曲
4. 海
<ラヴェル>
5. スペイン狂詩曲
6. ラ・ヴァルス

シャルム・アコルデ(金田仁美/河内仁志): ピアノ連弾
録音 : 2016年4月4日 大阪・岸和田 むくの木ホール

APLCD-003 ¥2,600(税抜き) ¥2,808(税込み)

作風は異なりを見せながらもフランス印象主義の両輪とされるドビュッシーとラヴェル。彼らの珠玉の作品群は、作曲者本人のみならず多くの友人たちの編曲に対する創作意欲を掻き立てた。その完全に再構築された作品は、あたかも最初からピアノ曲であったかのように鳴り響き、単に管弦楽スコアをピアノ譜に書き替えたような通り一遍の"アレンジ"とは明らかに異なる。凡庸な副産物ではないこれらの編曲された作品群はオリジナルの4手用作品と共にこの2人の作曲家の色彩豊かな作風の根幹を再認識させる。

アインザッツレコードについて

アインザッツレコードは3つのレーベル「EINSATZ」「LEBHAFT」「APPLAUDIR」を擁します。

「EINSATZ」と「LEBHAFT」は埋もれた貴重音源を発掘し、CD化を推し進める復刻盤レーベルで、LPの時代に我々クラシック・ファンの耳を潤してくれたにもかかわらず、CDの時代に入ってから現在まで全く陽の目を見る機会を失った人類の至宝とも言うべき名演奏を発掘し、最良の音質でCD化して紹介して行きます。メジャー・レーベルに属しながらも全く着目されずCD化の対象から外されている音源や当時マイナー・レーベルから発売され、名演ながらもその存在を忘れ去られた貴重盤など、未CD化のものが主に対象となりますが、過去CD化されるも1度きりで消え去った名演や、また現役盤でも酷い音質で改善すべきと判断したものも再登場させていく予定です。
(なお「LEBHAFT」につきましては、フォーマットがCD-Rとなっています)
「APPLAUDIR」は最新のセッション録音で新進アーティストの素晴らしい演奏を紹介するレーベルです。新たな感性で作品に取り組む新進気鋭の演奏家たちの斬新な解釈で、何度も耳にした作品のまた違った魅力を発見するでしょう。そして世界初録音も含め「知られざる名曲」も積極的に取り上げて行きます。また臨場感あふれる録音も魅力となっています。

クラシック・ファンの“渇きを癒す”レーベルとして、貴重音源の発掘と新しい才能の紹介を主軸とし良質な音楽をお届けすべく自信を持って制作していく所存です。

商品ラインナップ

アインザッツ

レーブハフト

アプロディール

お知らせ

 APPLAUDIRレーベル
 第4弾
 2017年夏 発売予定

Calamari Fritti
カラマーリ・フリッティ
荒木美子(ソプラノ)
吉田 好(ピアノ)

荒木美子/吉田好

<THE MOZART ALBUM>

「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「魔笛」「後宮からの逃走」他からのオペラ・アリアとピアノ・トランスクリプションを収録予定。

<演奏者プロフィール>
荒木美子(あらき よしこ)/ソプラノ
1988年、兵庫県神戸市出身。
大阪音楽大学音楽学部声楽専攻卒業。
大学卒業後クラシック音楽を基礎として、幅広いジャンルの演奏、ライブ活動を、主に神戸を中心として行っている。

吉田 好(よしだ このみ)/ピアノ
1988年、兵庫県神戸市出身。
大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
大学卒業後それまで学んだクラシック音楽を基礎にして、さらに新しいジャンルでの演奏活動を目指し研鑽を積む。現在は多方面に於いて幅広いジャンルの演奏活動を行っている。